構える

質の良さで選ぶ理由

攻撃

剣道の防具は見た目の良さや高級感で選ぶという人もいます。これは決して見栄だけで選んでいるのではなく、高級な製品であれば長持ちもしますし褪色しても味わいがあるという理由があるからです。

Read More...

防御のための道具

素振り

いくら柔らかくて装着しやすい防具だとしても身を守ってくれなければ意味がありません。剣道を長く続けていきたいと考えるのであれば、ちゃんと耐久性や衝撃吸収性を考えて防具は選ぶべきです。

Read More...

サイズもきっちり選ぶ

籠手

もし面を選ぶ際に物見だけを気にして選んでいるのだとすれば怪我しやすい状況を作り出してしまっているといえます。剣道の防具は使う人の身体に合っているかどうかが大切です。

Read More...

身を守り楽しむ

竹刀

剣道を思い切り楽しむためには防具の存在は欠かせません。剣道は元々真剣を使った武道における訓練をするためのものとして作られました。真剣で切られた時は当然命の危険が生じるので、身を守る術を学びながら剣の技術を高めていけるように剣道では防具を付けることが義務付けられています。竹で作られた刀である竹刀で打たれたとしても当然痛いのですが、剣を使う試合なのだからそれも仕方のないことであるとスポーツをしている人、特に初心者は捉えがちです。しかし、実はそうではないのです。武道を続けるためには身体に少し痛みが生じることはありますが、運動できないほどダメージを受けてしまっては続ける気力さえ失ってしまいます。防具を上手に使って身を守りながら剣道の技を習得していくことが、結局は剣道を長く使い続けるために大事なことなのです。

剣道で使う防具を選ぶ際には専門店で選ぶことが一般的です。通常のスポーツ店では取り扱いの幅も少ないため、豊富な種類の中から自分に合ったものを選ぶというのは至難の業なのです。そのため、剣道防具の専門店で選んだ方が良いので、信頼できるお店をまず探しましょう。初心者やブランクがある人ほど剣道に対する苦手意識を無くすためにも良い防具を選んでほしいものです。剣道防具の専門店では採寸もきっちり行なってくれますし、動いてもずれない、しかも軽く長持ちする防具が入手できます。面や甲手、胴はそれぞれ選び方も違ってくるので良いものを見つけるためにお店のスタッフの力を借りるべきです。